千代田区で賃貸オフィスを借りる時のチェックポイント

昨今、サラリーマンが脱サラし起業するという人が増えています。このご時世、会社に雇われているよりも自分で会社を立ち上げたいという想いを持った人が多くいるのでしょう。しかし、起業の準備をするに当たって最初の壁にあたるのは「資金調達」です。サラリーマンをしていると給料が入りますが、当然ですが、起業のための資金のみではなく、生活にかかるお金もかかりますし、冠婚葬祭など思ってもみたい出費もかかってきます。そのため、できるだけ初期費用や月々の出費を抑えていきたいところです。どこを1番抑えられるかというと事務所の家賃です。自分で1から事務所を建てるとなるととても予算がかかるため、できるだけ安くアクセス良好な賃貸を探しましょう。次で、東京で賃貸オフィスを借りる際の場所について述べていきますが一つの候補に千代田区があります。

賃貸オフィスを借りるなら千代田区が候補の1つ

東京で賃貸オフィスを借りるときにどこがいいかというと千代田区があります。千代田区は皇居、国会議事堂、最高裁判所など国の重要機関が多くあります。人口は東京23区の中でも最小ですが、昼間の人口は夜の何倍にもなります。また、大手企業の本社や、銀行やマスコミなども多いビジネスの街で賃貸事務所物件の数も豊富です。特に、丸の内エリア、霞ヶ関エリア、大手町は、大型オフィスビルが多く立っている一等地のエリアです。その他には、高級感がある麹町、半蔵門エリア、価格が低めな中小規模の賃貸事務所が多い飯田橋、水道橋、九段エリアも人気です。また、ヲタク文化でも有名な秋葉原エリアでは、秋葉原駅、岩本町駅周辺に再開発によって大規模な賃貸事務所物件も増えており、ビジネスが盛んとなっています。

千代田区で賃貸オフィスを借りる際のメリットデメリット

先述の通り、千代田区は、オフィスを構えるには利便性もばっちりです。さらに通常は、OA機器や家具、備品、さらにはWi-Fiなどの通信器具といったものも用意しないといけませんが、賃貸オフィスには、これらのものが既に用意されていることもメリットの1つです。しかし、そのなかにデメリットもあります。それは、自社を資産にできないというところです。インフレにより賃貸料金が値上がりするといったこともあります。千代田区は、とても人気なエリアですので家賃が上がるとなると一気に上がる可能性もあります。資金繰りが難しくなり、会社を移転するとなると手続きと費用が毎回かかるので面倒という部分の問題もあります。このようにメリットやデメリット全体を含めてよく考えて賃貸オフィスを選びましょう。