賃貸オフィスは千代田区で探すのがおすすめ

千代田区は東京の賃貸オフィスの街として、丸の内、有楽町、大手町が取り囲んでいます。日本の中心として江戸時代から進化している街であり、全ての日本の機関が集中しているこのエリアには多くの企業が軒を連ねています。また全域には多くの駅や鉄道路線が走っており、鉄道インフラも整っています。そのため渋谷駅へは約10分、東京駅へは約2分といったアクセスの良さも人気の一つです。さらに銀座までは徒歩で行くことも可能です。オフィスは少ないものの南側は首相官邸や各省庁があり、西側には皇居を眺めることができることから外資系企業人気が高くなっています。このようにアクセスが抜群であり、日本の中心部であることから千代田区にオフィスを構えることは最高のステータスともされています。賃貸オフィスも千代田区は人気が高いエリアです。

千代田区で賃貸オフィスを借りるメリット

東京23区のおよそ中央に位置している千代田区は、東京の都心を構成している重要な区の1つとなります。区の中央には皇居があり、首相官邸や国会、最高裁判所といった日本の中枢機構が立ち並んでいるエリアとなっています。さらに霞が関や永田町といった日本の政治を代表する固有名詞があるエリアでもあります。それだけではなく、大手町には日本を代表する大企業のオフィスビルが並んでおり、住宅地よりも官公庁街、オフィス街といった顔を持つ区となっています。そんな千代田区にオフィスを構えることは名誉なことであり、対外企業と取引を行う上で好イメージを与えることに繋がります。しかし、千代田区で自社ビルを建てることはよほどの大企業でなければ不可能に近いため、賃貸オフィスを借りる企業が増えているのです。

千代田区で賃貸オフィスを借りるデメリット

誰もが聞いたことがある大企業の本社オフィスが集中している千代田区では、交通インフラが整っていることもあり交通の利便性が抜群に良い場所でもあります。そのため、貸事務所や賃貸オフィスの需要が安定して高いエリアでもあります。千代田区にオフィスを構えるという、圧倒的なステータスを持っている千代田区では、賃料の相場は平均的に高い傾向にあります。その中でも、丸の内と大手町は再開発が大規模に行われているため再注目されていることから、東京都で賃料が一番高くなっています。霞が関や有楽町ももちろん高水準で推移しています。オフィス街としての顔が強い千代田区ですが、高級住宅地として名高い番町や大学などがある駿河台などでも、安定して高水準を保っています。このことからも、千代田区としてのブランドイメージが強いことがわかります。